ITアシスト BLOG: 2008年2月アーカイブ

2008年2月アーカイブ

最近パソコンがよくフリーズする、マウスの動作もどことなく遅いみたい。
使っている中でパソコンの動作がおかしいと感じたら、まずココを確認!

動作がおかしくなっている場合、パソコン内部で何か問題が発生している可能性があります。
そのログ(記録)を確認できるのが「イベントビューア」。

「イベントビューア」は、パソコン内に関する情報を監視し、収集・管理しています。

(確認方法)
1)「スタート」ボタンをクリックします。
2)「コントロール パネル」から「管理ツール」、「イベント ビューア」を開きます。
3)左側の「アプリケーション」「セキュリティ」「システム」をそれぞれクリックします。
※警告やエラーが多数表示されていないかを確認します。

2008011501.gif

4)詳細のエラー内容を知りたい場合は、内容をダブルクリックします。
※イベントIDの番号から問題発生の理由を知る事が出来ます。

イベントID数値は、膨大な量があるため、問題解決の場合は、
イベントIDを手がかりにGoogleやYahooなどで調べる事が推奨です。

2008011502.gif

「開封確認要求」の設定をしている場合、
通常、相手側がメールを開封した際に以下のようなメッセージが返信されます。

---------------------------------------------
次のユーザーに送信されたメッセージの開封確認です。
<メールアドレス>

メッセージが次の時間に開封されました:0000/00/00 00:00
---------------------------------------------

英語のメールが届いたけど・・これは何?
これも上記同様に「開封確認を開封しました」という確認メールです。
使用しているメールサーバーによって以下のように英語で送信される場合があります。

------------------------------------
件名:Re: Return Receipt (displayed)
------------------------------------
X-Account-Key: account2
X-UIDL: !0o!!:=6"!+IO"!N,0!!
X-Mozilla-Keys:
Return-Path:
X-Spam-Checker-Version: SpamAssassin 3.1.4 (2006-07-25) on dns-mail
X-Spam-Level:
X-Spam-Status: No, score=-5.6 required=13.0 tests=AWL,BAYES_00,
CONTENT_TYPE_PRESENT,ISO2022JP_BODY,ISO2022JP_CHARSET,OCNNEJP,ONEGAI,
RENRAKU,SUBJECT_ENCODED_TWICE,X_MAILER_PRESENT autolearn=no
version=3.1.4
Received: from XXXX.ocn.ad.jp (XXXX.ocn.ad.jp [00.30.51.70])
by aaaa.net (8.13.10/8.13.10) with ESMTP id aiuog
--------------------------------------

この「開封確認」の設定は、どこから設定、解除するの?

1)OutlookExpressでは、メニューバーの「ツール」→「オプション」をクリックします。
2)「確認メッセージ」タブで「送信するメッセージすべてに対して、開封確認メッセージを要求する」の
 チェックを外します。
 ※開封確認の要求の設定をしたい場合は、チェックを入れます。

2008011503.gif

上記のチェックが入っている場合、相手先がメールを開封した時に、
以下のようなメッセージが表示されます。

2008011504.gif

2008/2/13より、WindowsUpdate時にWebブラウザのInternet Explorer 7(IE7)が自動的に更新されるようになりました。
IE7はそれまでのInternet Explorer 6(IE6)に比べて、外観、操作方法等で大きく変更があります。

ただし、IE7の動作保障が取れていないサービスを利用されている方はインストールをしないようにお願いします
電子入札等でまだIE7のが利用できないサービスもありますので、ご注意下さい。

IE7をインストールしたくない方は、Microsoftが「自動配布の無効化ツールキット (Blocker Toolkit) 」を配布しています。

以下のサイトからダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=4C12D92F-808D-4C21-96CA-DC191A0A8E41&displaylang=ja

ダウンロードしたプログラムをダブルクリックして実行します。
20080213-1.jpg

[Unzip]ボタンをクリックします。
20080213-2.jpg

解凍できたら[OK]ボタンをクリックして、先ほどのウィンドウも[Close]で閉じます。
20080213-3.jpg

「C:\Documents and Settings\【ユーザ名】\Local Settings\Temp\IE7BlockerToolkit_0816」フォルダにが作成され、ファイルが解凍されています。
20080213-4.jpg
見つからない場合は、[検索]で「IE7BlockerToolkit」を検索しても良いでしょう。

画面左下の[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]とたどって選択します。

コマンドプロンプトが表示されますので、先ほど解凍した[IE70Blocker.cmd]ファイルをコマンドプロンプトまでドラッグします。

「……\IE7BlockerToolkit_0816\IE70Blocker.cmd"」と表示されますので、その後ろに「 . /b」(半角スペース+ピリオド+半角スペース+/b)と入力して[Enter]キーを押します。
20080213-5.jpg
このように表示されたら成功です。
コマンドプロンプトを閉じましょう。

これで、自動更新からIE7は省かれました。

利用システムがIE7に対応するなどした場合は、後からIE7をインストールすることも可能です。

Office製品に付属するメールソフト Outlook2002・2003・2007。

結構、問合せが多いんですが、色々な設定や移行などの中で
なんとなーくクセのあるソフトだなと感じてしまうのは、私だけでしょうか。。すみませんm(__)m
そんなお客様から頂いた質問についての解決策をリンクでまとめてみたいと思います!


今のパソコンのOutlokから新しいパソコンのOutlookに仕訳ルールを移行したい!
※旧パソコンで仕訳ルールをエクスポートしておく事が必要です。
1)[ツール] メニューの [仕訳ルールと通知] をクリックします。
2)[ルールをインポート] をクリックします。
3)[ファイル名] ボックスに、インポートするルールのパスとファイル名を入力します。
4)[開く] をクリックします。
※仕訳ルールがうまく適用されない場合は、
 一度全ての仕訳ルールを削除後、再度インポートを行います。

アドレス帳の表示変更
 (他のアドレス帳になっている・アドレス帳が表示されない場合)

1)Outlookのメニューから[ツール]→[電子メールアカウント]をクリックします。
2)[既存のディレクトリやアドレス帳の表示と変更]を選択し[次へ]をクリックします。
3)[Outlookアドレス帳]を削除します。
4)再度「追加」ボタンをクリックします。


HTMLメールからテキストメール形式への変更
1)メニューの[ツール] - [オプション] をクリックする
2)「メール形式」の欄が「HTML形式」になっているので、「テキスト形式」を選択します。

起動時に「受信トレイ」を表示する
1)メニューより、[ツール] - [オプション] で「その他」タブを表示します。
2)「詳細オプション」をクリック、「起動時のフォルダ」で「受信トレイ」を選択します。


メール起動時にメールの送受信を行う。
1)メニューより、[ツール]-[オプション]-[メールオプション]タブを表示します。
2)送受信のところの「接続したら直ちに送受信する」にチェックをつけます。

その他に関する方法は・・
新着メッセージの配信場所を指定する (Microsoft公式HPへ)

pstファイルに関するよくある質問 (Microsoft公式HPへ)

Outlook 2002・ 2007 で個人用フォルダ (.pst) ファイルを移動する方法  (Microsoft公式HPへ)

OutlookExpressのデータをOutlookへ移行 (Microsoft公式HPへ)

Outlook 2002 および Outlook 2003 で .pst ファイルを管理する方法 (Microsoft公式HPへ)

Outlookデータ・バックアップ・ツールを活用する (@IT様HPへリンク)

Outlook 2002でデータのバックアップをとる方法 (NEC様HPへリンク)

メールを使用する時に入力する宛先。

通常、新規作成するメールには、宛先を入力する欄があり、
付属で、BCC・CCと呼ばれる宛先入力欄が見えている場合もあります。

2008010901.gif

宛先・BCC・CCって何!?どういう時に使うの?

(1)宛先(TO)
メッセージを送信先相手のメールアドレスを入力します。
送信する相手が1人の場合は、通常ここに入力します。

(2)CC(カーボンコピー)
宛先(TO)に送信する同じメール内容を他の人にも
見てもらいたい場合に、CC欄にメールアドレスを入力します。
CCで入力したメールアドレスは受け取った全員にメールヘッダーでわかります。

2008010904.gif

(3)BCC(ブラインドカーボンコピー)
宛先(TO)で受信した人はBCCで受け取った人のメールアドレスが見えません。
複数の送信先の人たちに送るけれども、それらのメールアドレスが表示されると問題な場合に使用します。
メーリングリスト等の場合に使用します。
メールが届いた場合には、BCCに入力されているアドレスは表示されません。

2008010905.gif


メール作成画面にBCCやCCの宛先入力欄が無い場合・・
新規メールの「宛先」「CC」の上をクリックすると以下の画面が表示されます。
こちらから入力します。

2008010902.gif

このアーカイブについて

このページには、2008年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年1月です。

次のアーカイブは2008年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。